読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月21日かつおの遊び場。

3月21日かつおの遊び場

出演

・KOOL JOE

水芭蕉カズ

・金沢英一

・ペドロ上村

、皆様、是非、見に来て下さい、宜しくお願いします。

卒業ソング

卒業ソング、聴く度に。

自分の足元をじっと見る。

もうこれ以上、進まないのかと。

卒業ソング、聴く度に。

自分の心にそっと聞く。

もうこれ以上、大きくならないのかと。

人生は、まだ手の内にある。

卒業ソング、いつまでも響くよ。

人生の卒業は、まだずっと先にある。

人生は、夢だらけ。

そう思っているうちに、どんどん進め。

懐かしんでる場合じゃないから、進め。

こんなカルト思想の記事を称賛している人達がいる事に呆れる。 美談めいてるとコロッと騙されるのか、

■日本の美徳。暴走族をも激変させた「トイレ掃除」の不思議な効果

(まぐまぐニュース! - 03月19日 08:01)

≪モネに誘われて… −パリ−≫プロローグ

モネ…

それほど好き〜っ!という画家さんでもなかったのが、

原田マハの「ジヴェルニーの食卓」を読んで、

すっかり人物そのものに興味が湧いてしまい、

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1939009389&owner_id=3102427

ジヴェルニー 行ってみたいな〜!と熱烈に思った。

しかし、最近の世界の不穏な状況に、外に向く心をチト遮断していたけれど、

もうそろそろ落ち着いたかな?

そう思い始めたら、なんと! 

パリ4泊6日フリー39800円というツアーが転がり込んだ!

飛行機はエアロフロート(旧ソ連空軍による運営)

ホテルはぎりぎりまで未定…

旅好きの友人を誘うも、まず飛行機で断られ、

あまりの安さに不安だと断られ…

しょうがないので夫を誘い…

とにかく

モネのジヴェルニーの庭とオランジェリーの大壁画「睡蓮」を

観に行こうと、旅を企画した。

…と

旅程の3月はジヴェルニーは閉園中とわかり、

かなりガッカリするも、気を取り直し、

では、モネがほぼ同じ構図で33点描き上げた大聖堂がある

ルーアンに行ってみようと決めた。

3/5(日) 

飛行機は何せエアロフロート!

全く信頼していないので(笑)

チェックイン予定の時間より1時間以上前に成田第1ターミナルに着いてみたら,,

もうチェックインが始まっていて、結構な列ができてる〜

トットと並んでチェックインを済ませ、荷物を預け、両替。

これも混んでる…

出国手続き。 

これも混んでる…

ずい分早く着いたのに、搭乗ゲートに着いてコーヒー1ぱい飲んだら、

もう搭乗開始になった。

12:30 搭乗開始  

13:10 成田(NRT)発定刻 SU#261

14:00 飲み物が出る。

初エアロフロート!

失礼ながら、かなり警戒していたのだけれど(笑)

まず、座席は体の大きいロシア人サイズで、

通常のエコノミーより、心もちゆったりめ。

飲み物を提供して下さるCAのみなさんも、

こんな感じの綺麗な感じのいいお姉さん。

飲み物も、

水(炭酸入り、無し)、ジュース数種、ワイン赤白、ビール…と

立派なラインナップ!(ワインはキツイ!)

エアロフロート、大丈夫じゃん!

15:30 ランチ

そろそろ映画を… とプログラムを見て驚いた!

数十本ものラインナップ! 日本語版もそこそこ揃ってる。

エアロフロート、凄いじゃん!

ということで、

クリーピー」西島さん主演のホラー

「海よりもまだ深く」阿部寛樹木希林真木よう子 壊れそうな家族を淡々と描いて…

 

19:00 アイスクリーム/フローズンヨーグルト 

21:00 飲み物 トマトジュースが旨い。 飛行機内の気圧の影響で

トマトジュースは美味しくなると、科学的に立証されているそうだ。

21:30 軽食 パスタ 

映画「THEMONKEYKING」中国版西遊記。 中国語だが

 ロケの舞台が本物で雄大!面白い!!

23:35=17:35(以下ロシア時間) モスクワSHEREM空港(SVD)着

初ロシア、モスクワ。 空港を撮影するの、ちょっとドキドキ…

<トランジット>

18:55 定刻、SVD発。

小さな飛行機に変わる。

ディスプレイ画面無し。

3人席で一緒になったロシア人青年「EVGENYくん」と

しばしおしゃべり。

お互い片言英語だけれど、案外意は通じる。(笑)

日本びいきで「NINJA」に興味があるそうだ。

漢字という表意文字に興味津々!

いくつか教えたら面白がっていた。

食べ物の話になり、私がボルシチが好きだと言ったら喜んでいた。

各家庭それぞれ、千差万別あるらしい。

19:50 飲み物/20:00 軽食 ラム・サーモン これはオイシイ!

パリ着間近になったら、EVGENYくん、

「ロシアのコーヒーチョコは旨いんだ」と1枚、下さった。

ので、

本当はルーアンを案内してくれるガイドさんにあげる予定の「ひなあられ」を

「For Girl のsweetsよ!奥さんにプレゼント」と言って差し上げたら、

喜んでくれた。

22:55=20:55(以下フランス時間) パリ シャルル・ド・ゴール空港(SDG)着。

22:00前後にパリの街をスーツケースを転がして歩くのはちとイヤだ。

ホテルは「Hotel-reseda-paris」

市内を微妙に空港寄りにハズれた所。

なので、タクシーを使っても、

市内定額50を超えることはことはないだろうと予測して、

タクシーにてホテルに移動。

事前にホテル名と住所・電話番号をB5用紙に大きく明記して持参。

空港タクシー乗り場の運転手さんにそれを見せたら、

難なくホテルに運んでくれた。

21:30空港発 約30分 予想通り深夜料金でも50未満。

気持ちよく荷物運びもしてくれた運転手さんだったので、

チップも含め50

22:00チェックイン 

お部屋は清潔だが狭い!

バスタブ無し、シャワーは足元直径50cm?

 

ヴァウチャーに「Wルーム」と言ってきたので、

事前にツインにして、とホテルにお願いしたら、

気軽にOKと言ってくれてありがたかったけれど、

この細いベットから察するに、

W仕様ならベットをくっつけ、

ツイン仕様なら離すだけなのね?(笑)

ま、

旅ではホテルに全く重きを置かない私。

ここで充分!

湯沸かしポットは持参して良かった。

お湯を沸かして、コーヒー1杯飲んで、

就寝。

翌日から、たった3日間のパリ!

無駄なく楽しもう!

今日はストフェス

モンハンXXも順調だが、箱を圧迫して仕方ない。

端材は全部売ったし…

後で考えよう。

とりあえず難波に出るかな。

みつどもえ

所用が早く片付いたのでドラゴンフライズを見に。JRバス中国スポンサードゲームという事で、同社のラッピングバス(Bリーグ&ドラゴンフライズの両仕様)が会場前に停まってた。

ドラゴンフライズは現在B2西地区に所属。昇格のためには東・中・西の各地区ブロック1位&地区2位の勝率最上位の計4チームが進出するプレーオフに出る事が第一関門。で、現在西地区は島根スサノオマジック&今日の相手熊本ヴォルターズとの三つ巴状態。東地区2位が5割6分・中地区2位が6割8分なのに対し、西地区は島根が8割6分()、熊本&うちが7割8分なので、最低2位になればプレーオフ出れる。なので直接対決超大事。

日本の降伏文書

日本の降伏文書

a href=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%99%8D%E4%BC%8F%E6%96%87%E6%9B%B8https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%99%8D%E4%BC%8F%E6%96%87%E6%9B%B8/a

降伏文書(こうふくぶんしょ)とは、1945年(昭和20年)9月2日、大日本帝国連合国との間で交わされた休戦協定(停戦協定)[1]の名称。この協定によりポツダム宣言の受諾は外交文書上固定された。

概要

ポツダム宣言受諾が公表された玉音放送からおよそ半月後の9月2日、東京湾上のアメリカ戦艦ミズーリ前方甲板上において調印された。日本側は、天皇および大日本帝国政府の命により、かつ、その名において重光葵外務大臣が、また大本営の命により、かつ、その名において梅津美治郎参謀総長が署名した。連合国側は連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーのほか、アメリカ合衆国代表チェスター・ニミッツ中華民国代表徐永昌、イギリス代表ブルース・フレーザー、ソビエト連邦代表クズマ・デレヴャーンコ (en) 、オーストラリア代表トーマス・ブレイミー (en) 、カナダ代表ムーア・ゴスグローブ (en) 、フランス代表フィリップ・ルクレール、オランダ代表コンラート・ヘルフリッヒ (en) 、ニュージーランド代表レナード・イシット (en) が署名した。

内容は以下のとおり。

その所在地に関わらず日本軍全軍へ無条件降伏布告。全指揮官はこの布告に従う

日本軍と国民へ敵対行為中止を命じ、船舶・航空機、軍用非軍用を問わず財産の毀損を防ぎ連合国軍最高司令官及びその指示に基づき日本政府が下す要求・命令に従わせる

その所在地に関わらず日本の支配下にある全ての国の軍隊に無条件降伏させる

公務員と陸海軍の職員は日本降伏のために連合国軍最高司令官が実施・発する命令・布告・その他指示に従う 非戦闘任務には引き続き服する

ポツダム宣言の履行及びそのために必要な命令を発しまた措置を取る

天皇及び日本国政府の国家統治の権限は本降伏条項を実施する為適当と認める処置を執る連合国軍最高司令官の制限の下に置かれる[2]

日本政府と大本営は捕虜として抑留している連合軍将兵を即時解放し必要な給養を受けさせる

これを受けて昭和天皇は「降伏文書調印に関する詔書」を発した(原文は段落がなく全て繋がっている)。

朕ハ昭和二十年七月二十六日米英支各国政府ノ首班カポツダムニ於テ発シ後ニ蘇聯邦カ参加シタル宣言ノ掲フル諸条項ヲ受諾シ、帝国政府及大本営ニ対シ、聯合国最高司令官カ提示シタル降伏文書ニ朕ニ代リ署名シ且聯合国最高司令官ノ指示ニ基キ陸海軍ニ対スル一般命令ヲ発スヘキコトヲ命シタリ

朕ハ朕カ臣民ニ対シ、敵対行為ヲ直ニ止メ武器ヲ措キ且降伏文書ノ一切ノ条項並ニ帝国政府及大本営ノ発スル一般命令ヲ誠実ニ履行セムコトヲ命ス

御名御璽

昭和二十年九月ニ日

東久邇宮内閣閣僚全員連署

Wikisource-logo.svg 大東亞戰爭終結ニ關スル關係文書調印ニ關スル件

元情報:http://tinyurl.com/n4mwx3r

(Powered by my日本 http://sns.mynippon.jp/)