読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

≪モネに誘われて… −パリ−≫プロローグ

モネ…

それほど好き〜っ!という画家さんでもなかったのが、

原田マハの「ジヴェルニーの食卓」を読んで、

すっかり人物そのものに興味が湧いてしまい、

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1939009389&owner_id=3102427

ジヴェルニー 行ってみたいな〜!と熱烈に思った。

しかし、最近の世界の不穏な状況に、外に向く心をチト遮断していたけれど、

もうそろそろ落ち着いたかな?

そう思い始めたら、なんと! 

パリ4泊6日フリー39800円というツアーが転がり込んだ!

飛行機はエアロフロート(旧ソ連空軍による運営)

ホテルはぎりぎりまで未定…

旅好きの友人を誘うも、まず飛行機で断られ、

あまりの安さに不安だと断られ…

しょうがないので夫を誘い…

とにかく

モネのジヴェルニーの庭とオランジェリーの大壁画「睡蓮」を

観に行こうと、旅を企画した。

…と

旅程の3月はジヴェルニーは閉園中とわかり、

かなりガッカリするも、気を取り直し、

では、モネがほぼ同じ構図で33点描き上げた大聖堂がある

ルーアンに行ってみようと決めた。

3/5(日) 

飛行機は何せエアロフロート!

全く信頼していないので(笑)

チェックイン予定の時間より1時間以上前に成田第1ターミナルに着いてみたら,,

もうチェックインが始まっていて、結構な列ができてる〜

トットと並んでチェックインを済ませ、荷物を預け、両替。

これも混んでる…

出国手続き。 

これも混んでる…

ずい分早く着いたのに、搭乗ゲートに着いてコーヒー1ぱい飲んだら、

もう搭乗開始になった。

12:30 搭乗開始  

13:10 成田(NRT)発定刻 SU#261

14:00 飲み物が出る。

初エアロフロート!

失礼ながら、かなり警戒していたのだけれど(笑)

まず、座席は体の大きいロシア人サイズで、

通常のエコノミーより、心もちゆったりめ。

飲み物を提供して下さるCAのみなさんも、

こんな感じの綺麗な感じのいいお姉さん。

飲み物も、

水(炭酸入り、無し)、ジュース数種、ワイン赤白、ビール…と

立派なラインナップ!(ワインはキツイ!)

エアロフロート、大丈夫じゃん!

15:30 ランチ

そろそろ映画を… とプログラムを見て驚いた!

数十本ものラインナップ! 日本語版もそこそこ揃ってる。

エアロフロート、凄いじゃん!

ということで、

クリーピー」西島さん主演のホラー

「海よりもまだ深く」阿部寛樹木希林真木よう子 壊れそうな家族を淡々と描いて…

 

19:00 アイスクリーム/フローズンヨーグルト 

21:00 飲み物 トマトジュースが旨い。 飛行機内の気圧の影響で

トマトジュースは美味しくなると、科学的に立証されているそうだ。

21:30 軽食 パスタ 

映画「THEMONKEYKING」中国版西遊記。 中国語だが

 ロケの舞台が本物で雄大!面白い!!

23:35=17:35(以下ロシア時間) モスクワSHEREM空港(SVD)着

初ロシア、モスクワ。 空港を撮影するの、ちょっとドキドキ…

<トランジット>

18:55 定刻、SVD発。

小さな飛行機に変わる。

ディスプレイ画面無し。

3人席で一緒になったロシア人青年「EVGENYくん」と

しばしおしゃべり。

お互い片言英語だけれど、案外意は通じる。(笑)

日本びいきで「NINJA」に興味があるそうだ。

漢字という表意文字に興味津々!

いくつか教えたら面白がっていた。

食べ物の話になり、私がボルシチが好きだと言ったら喜んでいた。

各家庭それぞれ、千差万別あるらしい。

19:50 飲み物/20:00 軽食 ラム・サーモン これはオイシイ!

パリ着間近になったら、EVGENYくん、

「ロシアのコーヒーチョコは旨いんだ」と1枚、下さった。

ので、

本当はルーアンを案内してくれるガイドさんにあげる予定の「ひなあられ」を

「For Girl のsweetsよ!奥さんにプレゼント」と言って差し上げたら、

喜んでくれた。

22:55=20:55(以下フランス時間) パリ シャルル・ド・ゴール空港(SDG)着。

22:00前後にパリの街をスーツケースを転がして歩くのはちとイヤだ。

ホテルは「Hotel-reseda-paris」

市内を微妙に空港寄りにハズれた所。

なので、タクシーを使っても、

市内定額50を超えることはことはないだろうと予測して、

タクシーにてホテルに移動。

事前にホテル名と住所・電話番号をB5用紙に大きく明記して持参。

空港タクシー乗り場の運転手さんにそれを見せたら、

難なくホテルに運んでくれた。

21:30空港発 約30分 予想通り深夜料金でも50未満。

気持ちよく荷物運びもしてくれた運転手さんだったので、

チップも含め50

22:00チェックイン 

お部屋は清潔だが狭い!

バスタブ無し、シャワーは足元直径50cm?

 

ヴァウチャーに「Wルーム」と言ってきたので、

事前にツインにして、とホテルにお願いしたら、

気軽にOKと言ってくれてありがたかったけれど、

この細いベットから察するに、

W仕様ならベットをくっつけ、

ツイン仕様なら離すだけなのね?(笑)

ま、

旅ではホテルに全く重きを置かない私。

ここで充分!

湯沸かしポットは持参して良かった。

お湯を沸かして、コーヒー1杯飲んで、

就寝。

翌日から、たった3日間のパリ!

無駄なく楽しもう!