読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値観の多様性

一概に世代間だけの問題ではないと思う。

ネット社会の蔓延により直接の人的交流が希薄になり、

様々な価値観にふれる機会を失ってきているのではないだろうか。

自らとは違う考え方に対して口汚く罵倒する書き込みを見かけるたびに

どれだけ狭い世界で生きているのだろうと感じてしまう。

私自身も著名人の言動・行動を揶揄する事はあるが、自分と違った価値観に

基づく他者の書き込みに批判的なコメントを残すことはない。

「なるほどこういう考えの方もいるだろうな」くらいで読み流している。

「飲み二ケーション」なんて言葉が死語と化した頃から

不寛容の時代が始まっているのかもしれない。

なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか―年長世代と若年世代が互いのあり方に不寛容になってしまう理由