読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ジョニーは戦場へ行った」(改稿)

異色の戦争映画。第一次世界大戦の戦闘で腕・脚・眼・耳・鼻・口を失い、脳・脊髄・内臓だけとなった青年。だが意識はあり、視覚・聴覚・嗅覚を奪われ、腕・脚も失った事に徐々に気づいてゆく。自分にはもう触覚しかない。但し脳は健全で、恋人との一夜を回想もする。人生とは何なのか。現在彼は軍部の生きた標本なのだ。大脳の一部も失われている彼は、無意識の反射運動しかせぬ生命体と思われていた。ある日師長が来た。ここは病院で彼は人間。窓を閉め切るなんて無意味。光を入れなさい。彼女は更に顔の布も外した。日光が額に当る。これが彼の心の転機となった。陽の温みと夜陰との温度差で一日を理解できるようになったのだ。ある日一人の看護師が来た。涙が彼の胸に落ちた。優しい人だ。胸を指でなぞった。MERRY CHRISTMAS。神様。今日はクリスマスなんだ! 以来彼には毎日を過ごす楽しみが生まれた。彼の人間扱いは厳禁。彼は顎でモールス信号を打つが、痙攣と見なされ鎮静剤を打たれる。将軍の視察。将校が顎の秘密に気づき、驚いて望みを聞く。人の役に立ちたい。僕を祭の見世物にしろ。だが彼は軍の機密。駄目だ。なら生きていても仕\xCA

鈇❹覆ぁK佑録祐屬澄◉爐覆擦討唎譟◀修陵融劼鮓ǂ襪妨ǂǂ佑椴磴隆埜郢佞ⅻ弧唇飮鎣暑屬魍阿靴拭6譴靴澆發海譴能Ľ襪鵑澄M㌃颪Α◀❶ヿǂ弔ǂ辰独狃漚話甘槪魍阿気譴拭M0譴量J鈇鮗困辰身爐砲論篷湘ˇ簗燭瞭擦靴ǂ覆ぁH爐郎埜紊凌俉罎鯊任帖◁咤錬咫■咤錬咫﹆擷韻討唎譟\xA3

人権。戦争の非人間性。監督のドルトン・トランボ共産主義者赤狩り旋風時代は偽名で脚本を執筆。「ローマの休日」も彼の脚本だと後に判明。自由の国アメリカにも思想弾圧の時代があった。本作は彼の心の叫びである。唯一の監督作だがこれだけで十分だったのだ。カンヌ映画祭審査員グランプリ受賞。