読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旦那の仕事

旦那の働いてた会社が倒産し、その会社の顧客を引き継ぎ、旦那が新たに経営を始めることになった。

しかし、元居た従業員は不安を感じ次々と辞め、他の会社を探す道を選んだ。

残ったのは、旦那の弟さん。

うちの父親が若い頃に脱サラして自営業を30年勤め、肺癌を患って去年亡くなった。

70歳だった。

すっかり弱った父が病院で、ボソッと「自営業は失敗だった」と呟いた。

自営業(会社経営)は、よほど経営のセンスや才能や営業力、人脈が無いと大体失敗に終わる。

うちの父親は営業力が無く、自分の店で客を待つ姿勢の人だったので、商売向きではなく、大きな売上は殆ど出ず、細々とした収入でカツカツの生活を送ってた。

足りない分は、母親がフルタイムの仕事で補っていた、というより、自営の収入は経費に殆ど取られプラマイゼロ。

うちはほぼ母親の収入で生活をしていた。

私は貧乏生活は慣れてる。

けど、いつも両親が家に居ない、母親が仕事と家事で疲れてイライラし、毎日の様に夫婦喧嘩の始まる荒んだ家庭はもう2度と経験したくない。

だから、旦那は毎月安定して給料の入る人を選んだのだが、まさか自分で経営することになるとは思わなかった。

旦那に出来るのだろうか?

とりあえず不安しかない。

それでも今は旦那を信じてついて行くしか無いだろう。