読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまり意味があるとは思えない

記事には、失礼ながら異論がある。

一つ目は、埼玉、東京、神奈川は都市部と言う趣旨の部分。

埼玉も、八高線の西側まで行くと、都市部と言うよりは、田園地帯だろう。

東京も、青梅市より西側は山間部だし、離島は都市とは言えまい。

神奈川も中央線近くや相模線以西は都市と言われると疑問がある。

都市部かどうかと都道府県とは関係ないだろう。

二つは食に関する考え方との連関。

正月の雑煮くらい、地域差を示すものはあるまい。

地域によっては具沢山で、それだけで満腹してしまいそうなものがある。

だが、一方で醤油ベースの澄まし汁で具は鶏肉数切れと焼いた餅、青い葉少々というものもある。これ、江戸っ子の雑煮。

おせち料理を食べるのだから、汁はあっさりで良いと言う事らしい。

弁当も、取り敢えず手軽に、ならば、おかずは少なかろう。

そもそも、おかずに共通した認識はあろうか。

例えば、握り飯の具はおかずか?

地域性を知りたいというならば、古からの主要交通路で見る必要があろう。

お弁当で知る県民性 おかず最多は島根県、“弁当嫌い”は…