読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60.無限の住人

を観た。

木村拓哉主演。

時代劇なら「るろうに剣心」、アクションなら「バイオハザード」。両方の「美味しいとこ取り」、三池崇史監督のこれまでの作品だったら「クローズ」。これらの「美味しいところ」をしっかり集めた感じの作品。だけど、それだけ。

原作も読んでみたけど、これはそもそも実写に向いていた作品なのかどうかが疑問。原作者の画風が魅力の一つなんだけど、それが全く活かされてない。

あと、木村拓哉はやっぱり「木村拓哉」。本人としては、ダークヒーローを演じて「新境地開拓」な気分かもしれないけど、やっぱりこれまでの延長線上な作品。

やっぱり、観ていて新鮮味が全くないと思う。