読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本のてっぺん、行き帰り … 稚内市のマンホールカード

さて、このブログで幾度か書いているマンホールカード。

この4月に発行自治体が増えましたがその中に稚内市が入っています。

稚内市、これは相当ハードルが高い。

さすがに遠いですし、特にこれといった用事もありません。

正直、これはどうしたらいいものかと思っていました。

ですがそこは強行突破、稚内に仕事を入れてゲットするぞと。

無理やり仕事を入れましたよ、その結果がこの旅行記です。

マンホールカードと仕事、どっちが優先するのだ?

さて配布場所は市庁舎2階の環境水道部水道施設課、配布時間は8:45〜17:30、

少し早めに市庁舎に入り時間まで待機、配布開始時間にお邪魔しました。

1日の仕事始め、それが私のようなアホの応対とは気の毒であります。

デザインは“北防波堤ドーム”と“タロとジロ”、

背景は夕陽に染まる日本海利尻富士です。

タロとジロは第1次南極越冬隊に連れていかれた樺太犬の兄弟で、

悪天候により現地に取り残されました。

1年後に訪れた越冬隊により生存が確認されその後帰国しています。

このことは「南極物語」という映画にもなりました。

ということで、残るマンホールカードは函館市木古内町旭川市苫小牧市

そうこうしているうちにまた発行自治体が増える、それがマンホールカードだな。